宝くじ、収集中。

アクセスカウンタ

zoom RSS デザイン一新…売り上げは低迷  政府くじ 昭和25年(1950)その1

<<   作成日時 : 2006/04/13 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和25年(1950年)

第1回宝くじ

政府くじの回数番号は、今まで(第1回から第12回まで)は通し番号が付けられていましたが、昭和25年からは新たに第1回として発売されました。また、今回から縦長の券が採用され、図案も多色刷りの明るいイメージになっています。第1回のくじの消化率は、67.76%でした。

画像

第1回宝くじ(表)。凸版印刷版とセミ証券印刷版で、番号の印刷位置に違いが見られます。

画像

第1回宝くじ(裏)。

くじデータ(参考資料:宝くじ総覧、宝くじの歴史)
第1回宝くじ
発行日 50.1.10
抽選日 50.1.31
単価  30円
1等賞金 100万円×20本/A賞賞品紺サージ1着分×3000本
発行枚数(A) 1000万枚(1組10万枚×100組)
消化割合(B) 0.68
外れ割合(C) 0.69
(当券引換後)推定残存枚数(A×B×C) 469万枚
印刷 凸版印刷(後半組)、セミ証券印刷(前半組)



第2回宝くじ
今回は、20円券にもかかわらず、消化率は73.57%と低調でした。


画像

第2回宝くじ(表)。今回よりセミ証券版で番号の字体が変わっています。

画像

第2回宝くじ(裏)。

くじデータ(参考資料:宝くじ総覧、宝くじの歴史)
第2回宝くじ
発行日 50.2.10
抽選日 50.2.28
単価  20円
1等賞金 100万円×10本/A賞毛糸1ポンド×3000本
発行枚数(A)1000万枚(1組10万枚×100組)
消化割合(B) 0.74
外れ割合(C) 0.79
(当券引換後)推定残存枚数(A×B×C) 585万枚
印刷 凸版印刷(前半組)、セミ証券印刷(後半組)



第3回宝くじ
今回のくじは、1等100万円に加え、前後賞各75万円・前々後々賞各25万円が設定されており、5枚連番で賞金総額300万円も可能なくじとして大々的に売り出されました。実際は、1等当せん番号の末尾が「9」であったため、300万円当せん者はいなかったようです。実際の消化率は72.59%で、前回同様不調でした。この頃には、もはや1000万枚を売り切るのは不可能となっていて、この後はだんだんと発行枚数は減っていきます。

画像

第3回宝くじ(表)。

画像

第3回宝くじ(裏)。

くじデータ(参考資料:宝くじ総覧、宝くじの歴史)
第3回宝くじ
発行日 50.3.4
抽選日 50.3.26
単価  30円
1等賞金 100万円×10本/A賞景品絹サージ1着分×400本
発行枚数(A) 1000万枚(1組10万枚×100組)
消化割合(B) 0.73
外れ割合(C) 0.79
(当券引換後)推定残存枚数(A×B×C) 577万枚
印刷 凸版印刷(前半組)、セミ証券印刷(後半組)



第4回宝くじ
今年度(宝くじの年度は本来4月から)より、政府収納金が42.5%から50%に引き上げられたため、当せん金附与率(売り上げに対する賞金の割合=賞金払い戻し率)は約36%となり、前回の42.5%から大幅に下がってしまいました。消化率は81.1%とやや上昇しましたが、これは発行枚数を減らしたためと思われ、実際の売り上げは伸びていません。

画像

第4回宝くじ(表)。

画像

第4回宝くじ(裏)。

くじデータ(参考資料:宝くじ総覧、宝くじの歴史)
第4回宝くじ
発行日 50.4.10
抽選日 50.4.28
単価  30円
1等賞金 100万円×8本/A賞賞品洋服地1着分×480本
発行枚数(A) 800万枚(1組10万枚×80組)
消化割合(B) 0.82
外れ割合(C) 0.80
(当券引換後)推定残存枚数(A×B×C) 525万枚
印刷 凸版印刷(前半組)、セミ証券印刷(後半組)



第5回宝くじ
今回は再び1000万枚の発行に戻しましたが、消化率は49.63%に過ぎませんでした。


画像

第5回宝くじ(表)。

画像

第5回宝くじ(裏)。

くじデータ(参考資料:宝くじ総覧、宝くじの歴史)
第5回宝くじ
発行日 50.5.10
抽選日 50.5.31
単価  30円
1等賞金 100万円×20本/A賞賞品紺サージ1着分×1000本
発行枚数(A)1000万枚(1組10万枚×100組)
消化割合(B) 0.50
外れ割合(C) 0.80
(当券引換後)推定残存枚数(A×B×C) 400万枚
印刷 凸版印刷(前半組)、セミ証券印刷(後半組)



第6回宝くじ
今回から、賞品が廃止されました。17等まで設定するなど当せん率は上げましたが、当せん金附与率の低下はごまかせず、今回も消化率は著しく低調(51.67%)でした。

画像

第6回宝くじ(表)。 

画像

第6回宝くじ(裏)。17等まで設定されていますが、これは政府くじ中最多です。

くじデータ(参考資料:宝くじ総覧、宝くじの歴史)
第6回宝くじ
発行日 50.6.10
抽選日 50.6.30
単価  30円
1等賞金 100万円×3本
発行枚数(A) 900万枚(1組10万枚×90組)
消化割合(B) 0.52
外れ割合(C) 0.69
(当券引換後)推定残存枚数(A×B×C) 323万枚
印刷 凸版印刷(前半組)、セミ証券印刷(後半組)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デザイン一新…売り上げは低迷  政府くじ 昭和25年(1950)その1 宝くじ、収集中。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる